毛糸玉

毛糸玉はどうしてできるの?

.着用中や洗濯後の毛玉てどうして出来るの。


毛玉(ピリング)の生成

毛羽立ち ピルの発生 ピルの形成 ピルの脱落

               
●繊維中に、アクリル、ナイロン、ポリエステル等の合成繊維が含まれている場合、天然繊維のみの素材にくらべ強く切れ難いので上の絵の様に脱落しないで繊維の表面に残る事もある。


■毛玉になりやすい素材

●デリケートな素材(アンゴラ・カシミヤ・ラム)
●撚りの弱い物(スラブ・ネップ)
●起毛品(シャギー)


■発生原因

●着用中に摩擦の多い場所(脇の下・袖口・腹部)
●クリーニング中の摩擦でもピリングになりやすい。当社ではデリケート素材の扱いは一点一点ネットに
いれてクリーニングするので安心です、また高級素材はカスタムコースをお勧めいたします。


■傾向と対策

●着用後はブラッシングをする。

・繊維方向に沿ってやさしく丁寧にブラッシングするとごみや埃が取れて毛羽の絡みがほぐれる。

■ブラシの種類と使い方
●エチケットブラシ綿など一般的な素材に適してます。
●毛玉取りブラシはブラシの中央部が金属等が植え付けてあるブラシ、取り扱いは慎重に。
●長毛ブラシ(馬・豚毛)毛足の長いデリケート素材に適します。

●洋服のサイズ選びはなるべく余裕も持って御選びください。
●インナー着用は上着サイズにゆとりを持たせ摩擦を減らす。
●満員の電車やバスの中とか混雑した場所での着用。
●クリーニングする時はカスタムコースで処理がおすすめ。
●連続着用はさけ1〜2日の休養を与えると型崩れも復元します。
●毛玉は絶対に引っ張ったりせず眉バサミなどで切り取りましょう